上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
だいぶ間があいてしまったので、先日、ようやく露景視音(ろけーしょん)の終わったすとーりーの掲載の前にざっと、この約一ヶ月半の出来事を紹介いたしておきませう。
 10月の8、9日だったでせうか。三髪町の長屋から出た通りで久しぶりにセヴァン殿にお会いしました。しかも2日続けて、同じ場所で、同じようにすれ違ってからお辞儀をするという不思議な再会でした。
セヴァン殿と樋越で初めてお会いした時はすぐに合戦が始まってしまい、合戦後も皇国武芸者が暴れていたためにゆっくりとお話することができないままで御座いました。その後、ちけた殿の武露具でお名前をお見かけしてご活躍を知り、ぜひとも再会の折りにはお話、友人の契りを交わしたいと思っておりました。
セヴァン殿
すでに45段、手の届かない強者になられたセヴァン殿であるのに、拙者の迅30段到達をお褒め下さった。かたじけない!斬菊を愛するお仲間でもあります。こんごともよろしくお願いいたします!
また、セヴァン殿も武露具を執筆しておられます。独特の語り口でゆーもあたっぷりな楽しい武露具で御座いますので、一見の価値有り!軽妙な言葉に隠れておりますが、セヴァン殿の義理堅く、男気溢れた魅力が垣間みれます!まだ訪問されてない方はご一読あれ!
■セヴァン殿の武露具
[↓左から]斬菊に続いて、二本の迅の刀、飛礫、紫苑を30段解放しました。---佐倉の龍亀で段上げ中、新たに覚えた技を堪能。---なぜか敵軍大将 源斎殿に伴走(笑)。
20101010_225257769.jpg20101010_233355801.jpg20101028_015512884.jpgあんたが大将
荒巻、八千矛に来る!
 10月28日、生産技能が105に達してしまった荒巻が限界突破試験のために八千矛に来たのだが、拙者は所用で会えなかった。
荒巻八千矛
若者?伐採でクリア荒巻限界突破
数は多いが難易度の低い試験を選んだとのことで技能限界が128まで増えた。これでまた技能に磨きをかけてもらい、いつかは荒巻の作った業物で修練したいものだ。
 拙者はというと、しばらく忙しくしており運営殿のはからいで実施された経験値一・五倍のきゃむぺーんもほとんど恩恵を受けられないまま期間が終了してしまいました。そんなある日、ふと北下の市場にぶらりと寄ってみますと、ひとりの女性武芸者さんが隣にいらっしゃるではありませんか。見ると、絣日記様で紹介されていた市来殿!女性ながら、これまでたったひとりで歩んで来られ、絣様と出会い重撃に目覚め、日々修練に励む記事を拝読し、心の中で応援させていただいておりましたゆえ、お会いできた暁にはひと言だけでもお声を掛けさせていただこうと考えておりましたが、うまい言葉も思いつかず「がんばってください」のひと言だけで逃げるように樋越合戦へ向かってしまう始末。。。しかし、樋越で伊里奈様、そして案内していた友人とぱーていを組んで談笑していたとき、視界に市来殿の姿が!あわてて駆け寄り、先ほどのご無礼をお詫びするとともに、お一人ならば是非ぱーてぃに加わって下さい、とお願いすると快く承諾して下さいました。
1108隊長撃破
久々に重撃での合戦ながら、拙者、隊長撃破いたしました。

翌日も午後8時の樋越で市来殿にお会いできました。前日、うっかり記念撮影と武露具への掲載許可を忘れてしまっていたために、併せてお願いし、ご了承いただけました。また、後からいらした市来殿のご友人でもいらっしゃるあおり様という方にも加わっていただき、合戦に参加いたしました。
市来殿
[拙者の立っていた位置が日陰で真っ黒に写っていたので画質調整で背景等が飛んでおります。市来殿申し訳ございません!]

市来殿は、合戦後もしばらくお話にお付き合いくださり、大変楽しい時間を過ごさせていただきました。誠に有り難う御座いました。途中、皇国の者が大勢の妖物を引き連れて村を走り回り、低段者や放置されている武芸者を襲わせると言う卑劣極まる行為をしていたために水をさされ、市来殿への被害は最小に食い止めはしたものの、ああいった行為は遭遇するたびに残念であり、ある意味、自分が返り討ちに合う可能性も秘めたPKよりも卑怯であり、理解に苦しむ事象として残ります。
あれを喜びとして行っているのならば、誠に気の毒な武芸者であるような気がしてなりませぬ。

 さて次回はひとりで臨んだ三十五段解放の巻。ニンニン・・・否っ!
Secret

TrackBackURL
→http://zaney.blog21.fc2.com/tb.php/28-da04adb9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。